予算の関係で我が家は中古車派

中古車の車選びは目に見えない歴史を見なくてはならない分新車よりも難しいです。私は年式重視です。

予算の関係で我が家は中古車派

中古車の車選びは年式と新車価格重視で

中古車を選ぶ時に、年式が古いが走行距離が少ない車、走行距離は多いが年式が新しい車で悩むことも多いと思います。
どちらも同じくらいの価格であれば、人によって重視する点も異なると思いますが、一概にどちらが良いと言えるものではありません。中古車は単に年式や走行距離だけで判断することはできません。多くの人が乗り回した車なのか、整備はきちんとされていたのか、どのような状態で保管されてきたのか、乱暴な運転はされていないか、そういった目に見えない部分を見なければ車の状態は分かりません。中古車の車選びが新車以上に難しいといわれる所以です。

私は以前は走行距離重視派でした、たとえ年式が5年未満であっても7〜8万キロも走っている車よりは、10年おちでも3万キロしか走っていない車のほうがまだまだ乗れると感じていたからです。

昔から父親が車の買い替えは10万キロがひとつの目安だと言っていたせいかもしれません。
しかし自分が自動車メーカーの開発部門で事務員とはいえ働くことになってからは、考えが変わりました。
車は日々進化しています。
新しい車は常に古い車よりも優れていると言っても良いと思います。
もちろん新車価格にもよります。
安い車は極限まで部品を減らし、中国などから安い部品を仕入れているので安心感がありません。そのような車はいずれにせよ寿命は短いです。

同じ車種、同じグレードであれば年式が新しいほうが間違いなく優れています。
普通車ならきちんと整備さえしていれば10万キロどころか30万キロだって走ります。


Copyright(c) 2018 予算の関係で我が家は中古車派 All Rights Reserved.